成功するために知っておきたい事

場所は大事か?

弁護士で独立を出来たとしてもうまくいくかどうかは実際に開業してみなくてはわかりません。
しかし誰だって失敗したくはないため色々な工夫をしてみたり注意するべき事を考えたり調べたりすると思います。
しかしその他にも重要な事があります。
それがどこに事務所を開業するかです。
これは新しく新規で働く際においてとても重要になってくる部分です。
なにせ独立したと言う事は実績がほぼなく知名度が0の状態で働くようなものだからです。
そのため場所選びはとても重要になってくるのです。
治安の悪い場所や立地があまり良くない場所の場合家賃が安くうなるので資金を抑える事は可能ですがその分仕事もあまり来なくなってしまうので注意しましょう。
更に都心はライバルになる事務所も多くあるため絶対都心が良いと言った明確な理由がない限りは地方の方が良いかと思われます。

独立のタイミングはいつ?

弁護士で独立をしたいと考えている人の中ではどのタイミングで独立したら良いかと考える人も居るでしょう。
独立するのは大変な事なので慎重になるので当然の事だと思います。
独り立ちしても失敗をしないために十分に経験を積んでから独立をしたいと考えている人もいるでしょう。
実は独立のタイミングは人によってそれぞれなので明確にこれくらい経験を積んでから独立すると失敗しにくいと言った基準は存在していません。
これに関してはその人次第になります。
2,3年程度で独立をしてしまう人もいればしっかり長期間経験を積んでから独立をすると言う人もいます。
ですが一番多い独立するタイミングは大体5年らしいです。
殆どの弁護士は5年くらいたったら独立していくようです。
ですが先ほども書いたとおりだからと言って必ず成功するわけでもないので自分にあったタイミングで独立すると良いでしょう。